医療法人社団 藤翠会 藤谷クリニック 三次市,畠敷町 内科(糖尿病、高血圧症、脂質異常症、慢性腎臓病CKD)、呼吸器:慢性閉塞性肺疾患、低酸素血症、睡眠時無呼吸症候群に対する在宅酸素・呼吸療法、外科、肛門科、麻酔科(ペインクリニック)、ニコチン依存症(保険診療)、ヘリコバクター・ピロリ菌、除菌治療、胃腸科、循環器科、骨粗鬆症治療

当クリニックについて

院長挨拶

当院の紹介

院長挨拶・クリニックご紹介

当クリニックのホームページをご訪問くださいまして誠にありがとうございます。

当クリニックは昭和50年に藤谷外科として開業(初代院長 藤谷 博義)以来40年以上、現在まで地域に根ざした医療機関を目指してきました。とりわけ冒頭でも記していますように、痛みに対する治療・外科手術を主力としておりました。

平成11年、二代目院長就任以降は“予防医療”の啓発活動にも力を入れており、かかりつけ医に望まれるトータルケアを推し進めるべく平成16年に施設名称も藤谷外科から藤谷クリニックに変更しました。これまで、公費負担制度開始前からのインフルエンザ予防接種実施やクリニック内外での予防医療講演会“健康談話会”の開催、医療情報満載の広報誌作成などを継続しております。

現在社会問題となっている受動喫煙に関連し、ニコチン依存症に対する保険診療・治療はもとより、喫煙者に好発する閉塞性肺疾患(COPD)に対するスパイロメトリーを用いた早期診断の実施も、話題となる前から着手しています。

糖尿病に対しては早い段階からの外来インスリン導入により、合併症予防に心がけています。

 

又、医薬分業(平成10年~)、自由診療(ED、ADAに対する投薬等)の早期積極導入、外来・病棟増改築(平成元年、11年)、介護保険サービス(ショートステイ)導入(平成13年)等、ニーズに即し意欲的に前進し続けてきました。

その他、患者様方の心のケアもできればと、多目的ホールでのお茶会やクリスマス会、クリニック屋上では盆踊り大会等を開催し、病棟の一角では癒し空間も提供しておりました。

 
 

しかしながら、前自公政権下での三位一体改革により進められた社会保障費年間2,200億円の削減、医療保険点数のマイナス改定、医療費の患者窓口負担増に伴う受診抑制等、医療を取り巻く情勢は厳しくなるばかりで多くの医療機関が規模縮小する中、当クリニックにおいても平成19年3月より、2階病棟を一時閉鎖しております。

 

患者様方にはいざという時の安心をご提供出来ず大変申し訳ない思いでおりますが、出来る限り入院可能な医療連携施設への紹介にて対応させていただいております。

 
 
 

外来から望む庭園

今後も、患者様方の健康管理を生涯にわたって充分サポートできる良きパートナーとなれますよう、わかりやすく、丁寧な診療に努めてまいります。

 
 
 

院長 プロフィール

氏 名: 藤谷 薫 (ふじたに かおる)

最終学歴 愛知医科大学 医学部医学科 卒業
勤務歴 広島大学付属病院
第一外科勤務

沖縄

医療法人博愛会 牧港中央病院 循環器外科 勤務

広島

JA吉田総合病院 外科 勤務
JA廣島総合病院 外科 勤務
当クリニック 院長(現在)
資格等 日本外科学会 認定医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定スポーツ医
日本ペインクリニック学会 会員
ケア・マネジャー

 

 

経営理念

当クリニックは、地域の皆さまの生涯にわたる健康維持をお手伝いする「かかりつけ医」として、次の3つを基本理念に日々の診療にあたっております。

  1. 地域の皆様の健康を守り、真心のこもった医療を提供します。
  2. 患者様に満足いただける医療を提供します。
  3. 患者様へのサービスの向上を目指し、日々研修・研鑽します。



更新日:2018-06-22